女性の中小企業診断士養成を進めます

 千葉商科大学大学院・中小企業診断士養成コースでは、女性からの養成コース進学へのニーズに応え、女性でも安心して受講できるよう、2012年度から新たに女性講師陣を充実し、2013年度からは演習だけでなく企業実習に女性講師を起用する予定です。

 中小企業診断士養成コースのカリキュラムは、演習(学内での授業)、実習(企業での診断実習)、大学院の講義・論文指導から構成されています。

 千葉商科大学の養成コースでは、これらの演習および実習の講師に女性講師を起用し、男性の視点からだけでなく、これからの時代に求められる女性の視点での企業診断を充実させていきます。特に健康・福祉、IT活用など女性が広く活躍するステージを学べる内容としています。


女性講師紹介
 筒井 恵(担当科目名)…………企業診断実習(2013年度)
    <プロフィール>   中小企業診断士、認定事業再生士(CTP)、ITコーディネータ。
絶対的な利益体質への転換を図るコンサルテーションを得意とする。事業内容は卸売業・小売業、特に食品スーパーの情報システム構築支援(EDI、POS、カテゴリーマネジメントなど)、業種業態問わず、事業再生、第二会社、破産手続きの支援。特に、食品流通業、食品製造業、建設業は経験が多い。またBPRによる経営革新計画策定支援、単なる経営革新計画承認にとどまらず、事業再生と施策併用した事業革新、事業革新に伴う新商品開発支援、販路開拓支援、資金計画策定支援、ISO9001、22000取得、Pマーク取得支援も扱う。
<著書>   「中小企業経営革新計画・実践支援マニュアル」報告書(共著:同友館より出版)
中小企業診断協会シンポジウム論文「中小企業事例にみる経営革新等初期見極め診断の提言」にて最優秀賞中小企業庁長官賞取得
「企業再生支援の進め方」(共著:同友館)

 秋田舞美(担当科目名)…………企業診断実習(2013年度)
    <プロフィール>   中小企業診断士。2007年に秋田診断士事務所を開業し、北海道札幌市を中心に活躍。2011年より、財団法人北海道中小企業総合支援センター経営アドバイザー、経済産業省委託事業中小企業支援ネットワーク強化事業中小企業支援ネットワークアドバイザー。2008年には経営革新に関する論文にて、「中小企業診断協会会長賞」を最年少受賞で受賞。

WEBサイト:http://akita-co.jp/