Menu受験をお考えの方へ
大学院及び養成コースの概要
授業スケジュール
授業のシラバス
教員紹介 大学院の学事歴 お問い合わせ
千葉商科大学校舎

■企業診断実習  パンフレットはコチラから


 本養成コースでは、中小企業診断士に求められる診断・助言・支援等の実践的能力を受講者が修得することを目的とし、実務さながらの企業診断を行う実習カリキュラムが組まれています。本養成コースの受講生が企業診断を行いますが、専門的な知識や実務的経験に富んだ実習インストラクター(中小企業診断士や経営コンサルタント等)が受講生をしっかり指導、サポートして企業診断を行います。
 実習最終日には、社長様(経営幹部)のご同席にて報告会を実施し、実効性の高い経営改善策等をまとめた報告書を差し上げております。

 本養成コースを運営する大学院・社会人教育センターは、大学院博士課程、修士課程、専門職修士課程の5研究科の運営に併せて、中小企業にとって魅力あるパートナーとなるため、中小企業の人材育成のための教育を中心に総合的、包括的に中小企業支援を行っております。
 また、平成25年4月に、千葉商科大学が関東経済産業局から「経営革新等支援機関」として認定され、従来からの中小企業への知的支援、人材育成支援に加え、経営相談や経営改善計画策定、経営革新計画策定支援等、多岐にわたる中小企業支援を実施していく体制が整備されることとなります。
 更に、平成25年2月には、千葉県税理士会との包括協定を締結するとともに、平成25年3月には独立行政法人中小企業基盤整備機構関東本部との業務連携協定を行いました。 これらは、中小企業経営に役立つ経営支援や、中小企業の人材及び中小企業を支援する人材の育成等の分野で相互に連携することにより、中小企業の振興と地域経済の活性化に貢献することにあります。

 千葉商科大学大学院・社会人教育センターでは、企業診断実習後も前述した様々な支援を行う体制が整えられておりますので、是非この機会に本養成コースの企業診断実習をご検討ください。

企業診断実習に係る事前説明申込書フォームはこちら