千葉商科大学マッチデー『CUC Baseball Festival』の報告


 9月10日(火)、千葉商科大学マッチデー 『CUC Baseball Festival』 として千葉ロッテマリーンズ VS 東北楽天ゴールデンイーグルス戦が行われました!!

 本マッチデーでは、本学の学生が様々なイベントを企画・運営を行いました。一部ではございますが、その内容及び結果をご報告いたします。

【チャリティ募金】
 千葉商科大学サービス創造学部の学生が企画・運営したチャリティ募金ですが、最終的に総額253,219円というたくさんの募金をいただきました!!
 皆様の温かいお気持ちをたくさんいただきまして、真に厚く御礼申し上げます。集まりました募金は、東日本大震災復興支援財団 (公益財団法人)へ全額寄付いたします。

 

【学生制作のビデオ放映】
 政策情報学部の学生が制作した映像が、試合開始前・2回・4回終了後の3回にわたり、スタジアム内のマリンビジョンに放映されました。

【本学学生による様々なパフォーマンス】
 マッチデー当日は、本学の学生による様々なパフォーマンスが行われました!!
吹奏楽部が試合前のセレモニーで国歌吹奏等の演奏を行い、
 皆様にしていただいた多くの寄せ書きを学生代表が岡田選手に贈呈し勝利を祈ってベンチに飾られ、
 ファーストピッチセレモニー(始球式)では、女子軟式野球部バッテリーが登場!!市川市出身のGG佐藤選手と夢の共演を果たし、
 チアダンスサークル"glitter's"は、ステージパフォーマンスや記念撮影会、フィールド内でのダンスで
M☆Splash!!と一緒に球場全体を盛り上げました!!

【千葉商科大学マッチデー試合結果】
千葉ロッテマリーンズ 9 – 2 東北楽天ゴールデンイーグルス
 残暑が厳しい中、当日は曇り、27.5℃という気温で野球観戦には過ごしやすい天候で、平日にもかかわらずQVCマリンフィールドに 13,922人の方が来場されました。
 本学のマッチデーに先発登板した唐川投手は7回を1失点、110球で無四球の好投をみせ、マリーンズ打線は、サブロー選手の2号ソロ(2回)を皮切りに 、細谷選手 1号2ラン(2回) 、そして根元選手の 8号満塁ホームラン(7回)が飛び出す興奮した試合内容でした。
 試合結果は、千葉ロッテマリーンズが東北楽天ゴールデンイーグルスに9対2と圧勝!!皆様の熱い応援がマリーンズを勝利へ導いてくださいました。ありがとうございました。